SAAとは

SAAとSG2000プログラムは、サブサハラ・アフリカ諸国内の農業改良普及機関と密接に連携しつつ、その事業活動の改善や、現場スタッフの能力向上を図っています。SAAの姉妹組織である笹川アフリカ農業普及教育基金(SAFE)は、各国の農業改良普及員の能力・スキル形成を専門に行うとともに、SAAテーマ4「人材開発」を管理しています。対象各国の省庁からは、数千名の農業改良普及員が、SG2000プログラムの活動に参加し、学んでいます。さらに各国政府は、現場レベルでの活動に多額の財政支援を行ってきました。

1986年以来、SAA(およびSAFE)プログラムは、数百万におよぶ零細農家の生活に変化をもたらしてきました。その間、SAAの組織や運営方法、活動内容は、変化する現場の現実に常に適応してきましたが、そのビジョン、ミッション、戦略目標は一貫しています。SAAとSAFEの主な資金提供者である日本財団の支援も、一貫して強固なものであり、このことは、農業開発の歴史においてはまれな、きわめて重要な事実です。

SAAの文化と精神を最も端的に表しているのは、おそらく、ボーローグ博士が2009年にこの世を去る際に残した最後の言葉でしょう。博士は、資源に乏しい農民の生活を改善するうえで科学に何ができるかに強い関心を持ち続け、最後の見舞客の1人が有望な新技術を説明すると、ただ一言「それを農民の手に!」とつぶやきました。この言葉こそ、ボーローグ博士の歩んだ人生を物語るものであり、博士が設立に尽力したSAAの不朽の精神を明確に示しています。

Vision & Mission

ビジョン&ミッション

SAAは、豊かな小規模商業農民を育成することにより、アフリカの農村部における食糧安全保障を向上させることを目指しています。SAAのビジョン、ミッション、戦略目標については、こちらをご覧ください。

詳細を見る

organization profile

団体概要

SAAはジュネーブで登記された国際NGOであり、組織構成はマトリクス・マネージメント・モデルに基づいており、分野別と国別の2つの焦点を反映しています。

詳細を見る

history

歴史

SAAの創設は、アフリカ諸国が長引く干ばつによる飢饉の深刻化に苦しんでいた、1980年代初期にさかのぼります。1986年の創設から最近の組織改編までのSAAの歴史の概要については、こちらをご覧ください。

詳細を見る

board members

理事・評議員

SAA理事会は11人の理事で構成され、会長は、キスム・グレート・レイクス大学(ケニア)の栄養学教授であるRuth Oniang’o教授が務めています。

詳細を見る

staff

幹部スタッフ

現在、十数カ国から集まった約100名のスタッフが、アフリカ農民の食糧確保や生活向上のため、SAAで働いています。スタッフの一覧は、こちらをご覧ください。

詳細を見る

Take it to the farmer

SAA 30年史

"Take it to the farmer" (PDF)のダウンロードは こちらへ.


SAA Success Stories

SAA サクセス・ストーリー

"SAA Success Stories"(PDF)のダウンロードは こちらへ.


SAAニュースレター

英語版ニュースレター(PDF)のダウンロードはこちらへ.

英語版ニュースレターのアップデート情報やメール配信、出版物購読のご希望はこちらよりお問い合せください。

top of page