パートナー

メインパートナー

日本財団

プロジェクトパートナー

ビル・アンド・メリンダ・
ゲイツ財団
JICA USAID AGRA WFP K+S KALI 社 CIMMYT FMARD WAAPP

 

日本財団

公益財団法人日本財団は、社会福祉・教育・文化などの活動、海や船に関わる活動、海外における人道活動や人材育成の3つの分野を中心に事業を実施しています。

1962年に財団法人 日本船舶振興会として設立以降、国内の公益法人に対してのみでなく、NPO・ボランティア団体への支援、海外の協力援助活動など、幅広い公益活動に支援を行っています。

日本財団は、自ら事業プログラムを実施するとともに、国内外の公益活動を助成・支援しています。

SAAへの継続的支援

SAAは設立以来、日本財団から、多大な支援を受けてきました。2011年までの25年間に、日本財団はSAAとSAFEに合計およそ2億2,000万ドルを助成してきました。

このような長期的支援は、開発に関わる団体においてはまれに見るものであり、これによりSAAでは、プログラムを継続するための資金調達に悩まされることなく、各国におけるSG2000プログラムの実施に力を注ぐことが可能となってきました。

特定のプロジェクトや活動を実施するために、他ドナーからも資金を頂いていますが、SAAの活動資金の最大のドナーは日本財団です。

これは、1992年にSAA理事会によって設立された、笹川アフリカ農業普及教育基金(SAFE)についても同様です。(SAFEは、2004年に日本財団の資金提供を受け、SAAから独立した別組織となりました。)

Take it to the farmer

SAA 30年史

"Take it to the farmer" (PDF)のダウンロードは こちらへ.


SAA Success Stories

SAA サクセス・ストーリー

"SAA Success Stories"(PDF)のダウンロードは こちらへ.


SAAニュースレター

英語版ニュースレター(PDF)のダウンロードはこちらへ.

英語版ニュースレターのアップデート情報やメール配信、出版物購読のご希望はこちらよりお問い合せください。

top of page